188 betk8 カジノシリアルポート付きの“ワークマン”PC「One-Netbook A1 Pro」はどこまで“普通”に使えるか仮想通貨カジノパチンコ愛知 県 パチンコ 店 ランキング

188 betk8 カジノシリアルポート付きの“ワークマン”PC「One-Netbook A1 Pro」はどこまで“普通”に使えるか仮想通貨カジノパチンコ愛知 県 パチンコ 店 ランキング

188 betk8 カジノシリアルポート付きの“ワークマン”PC「One-Netbook A1 Pro」はどこまで“普通”に使えるか仮想通貨カジノパチンコ愛知 県 パチンコ 店 ランキング

au プレミアム パス 映画k8 カジノ

パチンコ ギルクラ 「One-Netbook A1 Pro」(以下、A1 Pro)は、中国One-Netbook Technologyの7型ディスプレイを搭載した2in1スタイルのモバイルPCだ。これまでの同メーカー製品と同様に、日本ではテックワンが「One-Netbook A1 Pro 国内正規版」として取り扱っており、1月28日から出荷が始まっている。価格は上位モデルが16万2800円、下位モデルで14万4100円だ(税込み、以下同様)。

One-Netbook A1 Pro7型ディスプレイ搭載ボディにTiger Lake Core i7クラスのCPUを詰め込んだOne-Netbook A1 Pro」従来モデルからCPUやメモリ、ストレージをパワーアップ

 ボディーデザインや本体機構などは、2020年10月に日本国内で日本語版キーボード搭載モデルが登場した「One-Netbook A1」とほぼ共通だ。

 一方で、従来モデルのOne-Netbook A1では第8世代Coreプロセッサ「Core M3-8100Y」(2コア4スレッド、1.1GHz~3.4GHz)だったCPUを、第11世代の「Core i7-1160G7」(4コア8スレッド、2.1GHz~4.4GHz)、もしくは「Core i5-1130G7」(4コア8スレッド、1.8GHz~4GHz)に、システムメモリの規格と容量をDDR3の8GBからLPDDR4xの16GBにそれぞれ強化した。バッテリー駆動時間は約6時間だ。

 One-Netbook A1も含めて、PC USERのレビューで取り上げるのは今回が初めてとなるので、ここではパワーアップした処理能力に加え、キーボードの使用感や“個性的”な構成のインタフェースなど、超小型PCとしての可能性を評価していこう。

タッチ操作に対応した回転式の液晶ディスプレイを採用

 One-Netbook A1シリーズ共通の特徴として、7型で1920×1200ピクセル表示に対応した液晶ディスプレイを備える。クラムシェルスタイルのノートPCと同様に開閉できるのに加え、ディスプレイを180度回転させることで天板側にディスプレイパネルを向けて閉じると、タブレットスタイルで使うことが可能になる。

One-Netbook A1 Pro画面解像度は1920×1200ピクセルと、フルHD(1920×1080ピクセル)に比べて縦方向の表示情報量が多いOne-Netbook A1 Pro本体の重量は公称値で約550g、実測値で556gあったが7型ディスプレイ搭載ボディーということもあって片手で無理なく保持できる。10点のマルチタッチ操作をサポートする他、別売のペン操作にも対応している

 最近では見ることが少なくなったが、初期の2in1 PCで多用されていたスタイルだ。この方式は、最近よくあるディスプレイを360度開いてタブレットにする機構と比べて、タブレットスタイルにしたときにキーボード面を持つことがなく、本体を持ちやすい。

 一方で、ボディーの厚みが増して重くなる傾向にある。また、ディスプレイをほぼ90度にしておかないと回転できず、A1 Proでは右回転のみが可能で左に無理やり回すと破損する恐れがある。

 もっともアルミニウム合金製のボディーはガッチリとできており、質感も高い。

One-Netbook A1 Proディスプレイを回転するとき、開く角度は90度近くにしておかないとキーボード面もしくはボディーと干渉する。さらに右回転限定となるので気をつけたい

 また、超小型PCではフォントの表示サイズが使い勝手に大きく影響するが、その設定は悩ましい。拡大縮小設定で推奨(ディスプレイサイズと設定解像度の組み合わせでWindows側が定めている)の200%にすれば表示フォントのサイズが大きくなって見やすくなるものの、Windowsのフォーム回りの表示サイズも大きくなるので、画面の使い勝手が狭苦しくなる。かといって、100%にするとWindowsフォーム回りは広々となって取り回しもやりやすくなるが、フォントの表示サイズは小さくなり見づらくなる。

 主観的意見ながら、拡大縮小設定を実際に変えて3週間ほど使ってみた印象としては175~200%では画面が狭苦しくて使い勝手が悪く、100%ではフォントが小さくて目が痛くなるほどに疲れてしまう。

 目の調子がいいときは125%でも文字の認識は可能だったが、こちらも長時間、具体的には1時間を超すあたりから文字を読むのにストレスを感じるようになってきた。文字を長時間読み続けられたのは150%設定だったが、こちらも複数のフォームを並べて使おうとすると手狭に感じる。というわけで、フォームを全画面表示にしてAlt+Tabキーで切り替えるのが最適解となるだろう。

 ただ、上記の評価はどうしても「主観的な感想」となってしまう。そこで、参考までに拡大縮小設定を100~200%に変えながらWebブラウザのEdgeでPC USERのレビュー記事本文で表示されるフォント1文字のサイズと「メモ帳」の標準設定(フォント=MSゴシック、スタイル=標準、サイズ=12ポイント)で全画面表示時における一行当たりの文字数と表示行数をカウントしてみた。

拡大縮小設定1文字当たり表示サイズ1行当たり表示文字数表示可能行数100%1.2mm118文字67行125%1.3mm94文字52行150%1.4mm78文字41行175%1.8mm67文字34行200%2.7mm58文字28行

 それぞれの視力や使い勝手に応じて選んでほしい。

 続いて、キーボード回りをチェックしよう。

キーボードは入力しやすい?仮想通貨カジノパチンコ全国 高校 ラグビー ライブ

コメントを残す

業界連盟:k8 カジノ コニベット ログイン k8 カジノ かけっこ りんりん 鬼武 者 3 スロット k8カジノ 評判 k8 カジノ k8カジノ 評判 | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap